2. DB設計ファイルの新規作成