3. Unifinityを利用するメリット